港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/05/26 16:45

「セルフメディケーション税制」を利用しよう

皆さんは「セルフメディケーション」をご存知ですか?

世界保健機関(WHO)によって、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は

自分で手当すること」と定義されているこの言葉、端的に言えば、少しくらい体調が悪くても、

病院にわざわざ行かず、市販の薬で済ませてしまうことを示しています。

そうした風邪薬などの医薬品を購入した人への新しい減税制度が

「セルフメディケーション税制」です。

もし皆さんが、2017年1月1日から12月31日までの間にOTC医薬品

(Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター、つまり一般医薬品)を購入し、

そこで支払った合計額が1万2000円を超えるときは、その超える部分の金額

(その金額が5万を超える場合には5万)について、その年分の総所得金額等から

控除されます。

この制度、期間は2021年12月31日までの時限措置。健康増進および疾病予防の

取り組みとして、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診が

挙げられますが、こうした検診などを受けていないと、セルフメディケーション税制は

受けられませんので、ご注意ください。

加えて、医療費の十万円を超える分を課税対象所得から差し引く従来の医療費控除

との併用はできないので、還付額が多い方で申告することになります。

従来は年間の医療費が十万円を超えるか、所得の5%を超えなければ申告できません

でしたが、この制度のハードルは1万2000円なので、より多くの人が利用可能

になる筈です。

因みに、OTC医薬品とは、「アリナミンEXゴールド」「イブ」「ガスター10」

「コーラックソフト」「こどもパブロンせき止め液」「新コンタックかぜ総合」「バファリンEX」

「ナロンエース」「ロキソニンS」のように、ごく一般的な医薬品が含まれています。

詳しくは下記の厚労省のHPをご覧ください。

 

厚労省のHP

セルフメディケーション税制について(医療費控除の特例)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

 

ページの一番上に戻る