港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/03/15 13:00

COPDという病気をご存知ですか?

COPDという病気をご存知ですか?

英語名で分かりにくいというので、日本では「慢性閉塞肺疾患」という訳語が使われています。

喫煙者に多く、60歳を過ぎて症状が出るケースが多いとか。

主な症状は、咳、たん、息切れなど。進行すると、息切れが強くなると言われています。

タバコを吸わないから大丈夫、と安心してはいけません。

長い間汚れた空気をつい続けると、気道や肺に炎症が起こり、気道が腫れて狭くなり、

肺自体の働きが失われていくのです。

もし咳、たんが出て、軽度の運動や軽い動作の繰り返しだけで息切れするようならば、

要注意。

受動喫煙でも起こる病気と聞けば、安閑としてはいられません。

さて、治療方法ですが、狭くなった気管支を広げる薬が使われるようです。

認知度の低い病気ですが、人口動態統計によると、15年に1万5749人が死亡しており、

日本人の死亡原因の第10位になっているというから、決して甘く見ないでください。

少しでも似た症状が見受けられたら、早めに病院で診てもらってくださいね。

ページの一番上に戻る