港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/03/03 16:10

プラネタリウムで星に願いを

古代から星は人々に色々な暗示や空想を与えてきました。

作家の岡本かの子は、「星を見詰めてゐると何か判らない巨大なものがその星を

乗せてこちらに迫つて来るやうな気がする」と語っています。

星は一つの生きものとしてとらえられていたのです。

さて、私達にとっても、満天に散在する星の数々を眺める感動は忘れがたいことである

ことに違いはありません。とはいっても、都会に暮らしていると、満天の星を眺める

というのは至難の業です。

そこで、こんな楽しみはいかがでしょうか。

プラネタリウムは、日本には360施設あるそうです。(http://planetarium.to/

中でも、「多摩六都プラネタリウム」は、直径27,5メートルの傾斜型ドームで、

世界第4位の大きさを誇るそうです。

2012年のリニューアルに伴い、最新鋭の投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」を導入し、

「最も先進的なプラネタリウム」としてギネス世界記録に認定されたという話ですから、

一見の価値はありそうです。なんと、約1億4千万個の恒星を投映可能だとか。

プラネタリウムは、宇宙を身近に感じ、知識も得られて感動を共有できる点が

素晴らしいのではないでしょうか。

そのことで実際の空に目を向けるきっかけにもなるような気がします。

皆さん、一度近隣のプラネタリウムに足を運んでみてはいかがですか?

余談ですが、最近は、「プラネタリウムBAR」のようなところもあるようですから。

 

 

五藤光学研究所

http://www.goto.co.jp/

ページの一番上に戻る