港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/02/24 15:23

認知症予防にも「歯磨きは大切」

「ミュータンス菌」という言葉を聞いたことがありますか?

所謂「虫歯菌」の事ですが、生まれたての赤ちゃんの口の中には存在しません。

母親などが口移しでものを食べさせたり、同じ食器を使用したりして、

だ液を通じて感染します。

この菌の怖いのは、生活習慣病や様々な感染症を引き起こす点です。

京都府立医科大学の研究によると、どうやらこの「ミュータン菌」が認知症の

原因にもなっているようです。脳出血のリスクが高まり、認知機能の低下をともなう

微小な出血をも引き起こすとか。

さて、このミュータンス菌を減らす方法ですが、フッ素とキシリトールが有効です。

練り歯磨きで、「フッ素」や「キシリトール」を含んでいる製品がありますので、

それを使用するといいでしょう。

一方、キシリトールには、ミュータンス菌の働きを弱める効果があります。

同大学の研究チームによると、一般の人の4人に1人がミュータンス菌を持っているとか。

いずれにしても、日頃からしっかり歯を磨き、口腔ケアを心がければ、将来の脳卒中や

認知機能低下を防ぐ可能性が高まるとアドバイスしています。

認知症予防にも「歯磨きは大切」ってことですね。

ページの一番上に戻る