港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/02/17 16:30

木々を揺さぶり「春一番」

春の風と言えば、暖かくのどかに吹く風。

東から吹くまだやや荒い早春の風ならば、「東風(こち)」。

そして、立春後に初めて吹く強い風が「春一番」です。

その春一番が、今日関東地方で吹き荒れ、気温もどんどん上昇しました。

「胸ぐらに母受けとむる春一番」(岸田稚魚)。

実は、俳句の季語には、「春二番」「春三番」もあります。

春疾風というのも季語。春の強風・突風で、長時間砂塵を巻き上げます。

「鶏小屋に卵が五つ春疾風」(高畑浩平)。

ともあれ、春は東風、夏は南風、秋は西風、冬は北風というように、吹いてくる方角で

それぞれの季節を実感できるのは素晴らしいですね。

「春風や闘志いだきて丘に立つ」(高浜虚子)。

 

ページの一番上に戻る