港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/12/19 13:10

スプレー缶の処分について

スプレー缶のガス抜き作業中の爆発事故を受けて、全国の各自治体には廃棄方法を

見直す動きがあるようです。

もそも、スプレー缶には消臭剤や制汗剤、殺虫剤、塗料、LPガス

など様々な種類があります。

ただ、どのスプレー缶にもガスが入っているため、中身が入ったまま捨てるのは危険です。

そこで、中身の上手な捨て方ですが、デオトラントなどは少量であれば空中に放出しても

OKですが、カセットボンベには特に注意が必要です。

地面に押し付けて抜く際、近くに火がないことを確認してください。

特に製造15年以上たっているものは中身が変質している可能性があります。

さて、ここ港区では、次のように呼びかけています。

「清掃車は、ごみを圧縮して運んでおり、スプレー缶・カセットボンベ・ライターなどの

中身が残っていると、圧縮した際に可燃性のガスが漏れ、金属同士の摩擦によって

引火することがあります」。

「スプレー缶・カセットボンベ・ライターの出し方」

1 必ず中身を使い切ってください。

2 「キケン」や「スプレー缶」などと分かるように、ごみ袋に表記してください。

3 ほかの不燃ごみとは分けて、別の袋で出してください。

※別の袋で収集できないと、専用処理装置で処理できません。ご理解、

ご協力をお願いします。

詳細は、下記のアドレスをご参照ください。

港区 スプレー缶・カセットボンベ・ライターの出し方にご注意ください!

https://www.city.minato.tokyo.jp/gomigenryou/kurashi/gomi/kate/k-wakekata/chui.html

ページの一番上に戻る