港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/11/28 16:00

もったいない、食品ロスを減らそう

 

日本では毎年、およそ600万トンの食べ物が捨てられていることをご存知ですか?

廃棄されるということは、ゴミ処理に燃料が使われているということ、つまり私たちの

税金が使われているということです。

この「食品ロス」はどうして起きるのでしょうか?

家庭ごみに限定すれば、様々な原因が考えられます。

例えば、「買い物しすぎ」「作りすぎ」「好き嫌いがある」「料理の失敗」

「過剰な健康志向」などなど。

とすれば、ちょっとした工夫でロスを減らせるのでは?

単純に、買いすぎをなくすために買い物に行く前に冷蔵庫の中を確認するとか、

食べられる分の料理を作るとか、日常生活のちょっとした配慮で食品ロスは

削減できるように思われます。

本日の東京新聞に「食品ロス」をなくすために、スープジャーを活用し、

野菜は皮まで無駄なく食べられるという記事が掲載されていました。

なぜなら、スープジャーは、保温調理が可能なため、皮もやわらかくなり、

捨てずに食べられるのだとか。

あるいは、タジン鍋などもうまく使えば、極力無駄を出さずに料理できるのではないでしょうか?

もちろん、企業でも消費期限の表示見直しなど食品ロスを減らす取り組みは

行われていますが、まずは私達一人一人が小さな努力を積み重ねることが大切ですね。

ページの一番上に戻る