港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/10/19 12:30

高血圧薬がパーキンソン病に効く?

高血圧の方ならよく知っている、ベニジビンという血圧を下げる薬。

この薬の成分にパーキンソン病による細胞死を抑える効果があると、

慶応大学の研究チームが発表しました。

ご存知のように、パーキンソン病は「脳内で指令を伝える物質であるドーパミンを

作る神経細胞に異常なたんぱく質がたまり、細胞が徐々に死ぬことで発症する」病気

ですが、国内の患者は約16万人いるといわれています

さて、初期症状ですが、じっとしていても、手足や顔面、頚部に、自分の意志とは関係なく

振るえが現れたり、全身の筋肉がこわばって硬くなり、体を動かそうとする際もスムーズさが

無くなるそうです。また、歩くスピードは緩慢になり、姿勢は前屈、足を引きずって歩くように

なります。寝返りがうまく打てなくなるのも初期症状の表れだとか。

パーキンソン病患者の9割は血縁者に患者がおらず突然発症するとも言われていますが、

もちろん残りの1割は血縁者に患者がいる関係が原因とされる遺伝子も見つかっている

ということです。

特効薬のない難病のパーキンソン病、今後の治療薬の開発を待ちたいですね。

 

ページの一番上に戻る