港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/09/12 16:15

「非結核性抗酸菌」ってご存知ですか?

肺に感染することで慢性呼吸器感染症を引き起こす非結核性抗酸菌。

この菌、土や水などにいる菌で、結核菌とは違い、人から人には感染しません。

一般的には、主に浴室や土埃など空気中に漂っているものを吸い込むことで感染するそうです。

近年、感染者は増加傾向になり、年間およそ8千人が発症しているとか。

せきやたんなどの軽い症状で始まり、重症化すると呼吸不全も起こしかねない厄介者です。

検査方法は、胸部エックス線検査、胸部CT検査など。

また、たんを調べ、たんから2回以上同じ菌が出ることが診断に必要だとか。

たんが出ない場合は気管支鏡検査を行うこともあるそうです。

一番多いのはマック菌が原因のケース。最近注目されているタイプで、

中年から高齢の女性で基礎疾患のないこれまで肺に異常がなかった人が発症するタイプです。

対策ですが、よく言われるのが、浴室の掃除と乾燥が感染予防になるということです。

この菌は乾燥に弱いので、浴室の掃除後は十分に乾燥させてください。

また、できれだけ、土ぼこりを吸い込まないように注意しましょう。

ともあれ、咳が長く続くようなら、風邪以外の原因も考慮し、できるだけ早く医師の

診断を受けることをお勧めします。

 

ページの一番上に戻る