港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/09/12 13:00

高齢者の栄養状態と体力は?

厚生労働省が昨年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果によると、

高齢者の栄養状態は、明らかに食事、日頃の活動、外出状況等と関係しているということです。

注目すべきは、週に1回以上外出する人とそうでない人との、低栄養傾向の割合をみると、

男性では年齢に関係なく「外出なし」が「外出あり」よりもその割合が高いそうです。

また、噛んで食べるときの状態と歯の保有状況については、「何でも噛んで食べることが

できる」人の割合や20本以上歯を有する者の割合は、60歳代から大きく減少する傾向にあり、

そうした理由もあり、65歳以上になるとさらに「低栄養状態」の割合が高くなるとか。

因みに、運動習慣のある者の割合は、男性で35.9%、女性で28.6%、この数字10年間でみると、

男女ともに大きな増減はありません。歩行に関しては、歩数の平均値は男性で6,846歩、

女性で5,867歩。こちらも大きな変化はないそうです。

詳しくは、厚労省のHPをご参照ください。

 

ところで、高輪いきいきプラザでは、毎朝、「いきプラ体操」を行っています。

わずか30分ですが、毎日続けていると、知らず知らずのうちに足腰が鍛えられ、

血行が良くなりストレス解消にも役立つのです。

そんな老若男女を問わず簡単にできる体操、笑ったり話したりして出来る

軽い運動が、実は「認知症予防」に大いに役立っているのです。

これは、ヨガにも当てはまります。

高輪いきいきプラザでは、体力に自信のない利用者の方でも「息の上がらない」

体操を心掛けています。

認知症予防策として、皆さんもぜひお気軽にご参加下さい。

 

「国民健康・栄養調査」の結果

https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000351576.pdf

ページの一番上に戻る