港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/07/23 17:00

内視鏡画像の検査をAIで

理化学研究所と国立がん研究センターは、人工知能(AI)を使って、

早期胃がんを見つける高精度な自動検出法を確立したと発表しました。

実は、早期胃がんは、進行性胃がんや大腸がんなどと比較すると、

形や特徴が多彩で、炎症との判別が難しく、内視鏡画像検査でも

発見しにくいのだそうです。

そこで、早期胃がんの正解画像約100枚と正常画像約100枚から、

「がんの部分」と「正常の部分」を確実に含む領域をランダムにそれぞれ

約1万枚集め、合わせて約2万枚の画像を選び、AIに学習させたところ、

がんのおよそ8割を識別できたとか。

今後さらに精度が高まれば、検診における胃がんの見逃しを減らすことができ、

早期発見、早期治療につながると期待されています。

 

理化学研究所のプレスリリース

http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180721_2/

 

ページの一番上に戻る