港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/07/18 16:40

飛行機に持ち込めないものってなあに?

夏休みに飛行機を利用する方は多いでしょう。

でも、飛行機に乗るとき、「機内に持ち込む手荷物」にはもちろん、「搭乗前に預ける手荷物」

にも、入れてはいけないものがあることをご存知のはず。

花火やライターやガスボンベなどの「危険物」は論外です。

液体物については、国際線を利用するときに100ml(g)を超える液体を持ち込む際には、

1個の容量が100ml(g)以下の容器に入れ、その容器をジッパー付きの透明な

プラスチック製の袋(容量1リットル以下、大きさは縦20cm×横20cm以下)に入れる必要が

あるそうです。

また、「あらゆる液体」の中には、歯磨きやヘアジェル、ハンドクリーム、味噌やプリンなども

含まれるそうです。

なお、医薬品や乳幼児用のミルク・ベビーフード、特別な制限食などは、液体物持ち込み

制限の対象にはなりません。

ところで、ふだん電動車いすを使っている方が飛行機を利用するときには、事前に、

電動車いすを機内に持ち込めるか、あるいは預け手荷物になるかどうか、確認して

おくことが必要だとご存知ですか。

理由は、電動車いすに搭載されているバッテリーが、飛行機で輸送する際に、

気圧や温度の変化、そして継続的な振動を受けることなどによって、様々な危険を

生じる可能性があるためだとか。

つまり、輸送中の振動などにより、電源が入り、動き出す可能性があるというのです。

但し、バッテリーの取り外しができる電動車いすは、仕様に応じて機内持ち込み手荷物、

または預け手荷物にすることができます。

いずれにせよ、電動車いすをお使いになる方が飛行機を利用しようとする場合は、

事前にご自分の車いすの仕様やサイズ、重量、バッテリーの種類などを航空会社に

伝えておくことが大切です。

詳細なルールについては、下記のURLからご覧ください。

政府広報オンライン

https://www.mlit.go.jp/common/001005802.pdf

 

ページの一番上に戻る