港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/07/04 16:20

歯周病菌と大腸がんの関係について

大腸癌の病態に関わる腸内細菌の研究が世界的に進められている中、

横浜市立大学は、大腸がん患者の患部組織と唾液から細菌を分離・解析した結果、

4割以上の患者でがん組織と唾液に共通した菌株が存在していることを発見したそうです。

今回の研究では、「口腔内と大腸がん組織における同菌の菌株が一致したことにより、

口腔内の菌が大腸がん組織に移行・感染していることが示された」と述べています。

つまり、口の中の歯周病菌が大腸癌の発癌に関与している可能性があるということです。

ただ、詳細な移行・感染ルートなど不明な点もあることから、これらの解明は今後の検討

課題となるようです。

 

横浜市立大学 プレスリリース

口の中の歯周病菌が大腸癌の発癌に関与

https://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/news/20180622Higurashi.html

 

ページの一番上に戻る