港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/06/20 13:10

牛乳や乳製品は認知症予防に有効

九州大学大学院医学研究院は、福岡県久山町(人口約8,400人)の地域住民を対象に、

50年間以上にわたり生活習慣病(脳卒中・認知症など)の疫学調査を行っていて、

その調査結果から、牛乳は認知症抑制や筋力アップに効果があると明らかにしています。

具体的には、「牛乳・乳製品が認知症発症と有意に関連しており、それらの摂取量の増加に

伴い発症リスクは低下した」とのことです。

地中海式食事法が長寿に関係しているという説はよく知られていますが、

日本人の牛乳・乳製品の摂取量は欧米人の半分以下と大きく下回っているとか。

「歯の悪い高齢者でもタンパク質の摂取がしやすい牛乳の有用性が『筋肉組織の強化』という面

から、改めてクローズアップされることとなった」(6月19日付産経新聞)そうです。

確かに、固いものが噛みにくい高齢者にとって、牛乳やチーズ・ヨーグルトなどの

乳製品は最適の食べ物といえるでしょう。

体内で作りだせない必須アミノ酸すべてをバランスよく含んでいますし、吸収もよいの

で食欲がないときや、たんぱく質が不足しがちな時には気軽に摂るようにしたらどうでしょうか。

 

久山町研究のHP

http://www.hisayama.med.kyushu-u.ac.jp/research/disease02.html

 

ページの一番上に戻る