港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/04/13 16:00

口臭対策はしていますか?

 

気になってもなかなか伝えられない、本人も気づかない、そんな「口臭」の悩みに

どう取り組めばいいのか、日本口臭学会のHPにそのガイドラインが掲載されています。

「口臭」と言っても、「原因も症状も様々で、ニンニクを食べた後や、飲酒の後の口臭から、

歯周病などが原因の場合、さらには、内臓の病気から口臭を発するケース」など千差万別。

また、人によっては臭いに対して異常に敏感になり悩んでしまう「自臭症」という症状まで

あるようです。

つまり、正しい知識を持たないことには、口臭を改善することは困難かもしれません。

当HPによると、大きく分けて生理的口臭と病的口臭に分けられるそうです。

一般的な生理的口臭には、加齢による口臭、起床時の口臭、空腹時の口臭、緊張時の口臭、

疲労時の口臭など。そして、病的口臭には、歯周病や副鼻腔炎、咽頭・喉頭の炎症などがあり、

また全身の病気による、例えば、糖尿病(アセトン臭)、肝疾患(アミン臭)、 腎疾患(アンモニア臭)

などがあるということです。

ただ、実際には、口臭原因の9割以上が、歯周病や虫歯など口腔内に起因するといわれています。

舌苔(ぜったい)が、細菌の棲みかになり口臭の原因になっているケースも多くあるとか。

お口の中の歯垢(プラーク)も大敵ですよ。歯垢(プラーク)をそのままにしておくと、細菌によって

ガスが出ます。このガスが、口臭の正体です。

したがって、口臭を予防するためには、毎日きちんとブラッシングをすることが大切。

もう一つ、唾液がスムーズに出ていることが口臭予防には不可欠です。

唾液が少なくなると、細菌が増える、すると口臭が強くなる、つまりガスが発生する。

反対に、唾液が多く出れば、細菌は胃の中へと流れていくのです。

要は、ドライマウスは口臭を悪化させることをお忘れなく!


日本口臭学会

https://biiki.ueb-a.com/?p=536

 

 

ページの一番上に戻る