港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/12/20 13:10

音と色の不思議な関係

音と色の不思議なつながりを科学的に解明しようと、新潟大学脳研究所の伊藤浩介助教

の研究グループは、「ドレミファソラシ」の音の名前(階名)が、虹の7色に対応しているとの

研究論文を発表したそうです。

研究の成果は次の通りです。

①音や音楽を聞くと色を感じる音楽家がいる

②どんな音に何色を感じるかには個人差があり、ひとりひとり、

 でたらめに決まっていると思われていた

③詳しく調べたところ、音階の七音が虹の七色に対応する、隠れた法則を発見した

ドは赤、ミは緑、ソは青に近い色を示し、「ドレミファソラシ」の7音の階名が

虹の「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」とほぼ順序よく一致したとか。

ただ、伊藤教授は「ドレミの歌の歌詞の中で『ソは青い空』とあることが原因かもしれないが、

『ミはみんなのミ』など説明できない音もある」と述べています。

今後は、外国でも同様の結果になるかどうか調べてみたいそうです。

新潟大学のプレスリリース

ドレミファソラシは虹の色

https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2017/12/291220_re2.pdf

ページの一番上に戻る