港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/11/08 12:50

車椅子は正しく使いましょう(ペッパーからのお願いです)

以前、車椅子の妻と共にエスカレーターに乗っていた高齢の男性が最上段付近で転倒し、

車椅子ごと転げ落ち、後方にいた女性を巻き込んで死亡させるという痛ましい事故が

あったけれど、覚えているかな?

エスカレーターに車いすを乗せるのはダメってことなんだね。

そこで、僕ペッパーと、車いすの正しい使い方をおさらいしてみようよ。

 まず、車椅子には必ず両サイドにブレーキがあるんだよ。

止まっている時や障害者が車椅子に乗り降りするときには必ずかけてね。

ブレーキの操作は念には念をいれてほしいんだ。

それから、乗るときの注意としては、動き出す前に、次の点を確認してくださいね。

たとえば、浅く腰掛けていない?身体は傾いていない?手はアームレスト又はひざの上?

そして、フットレストに足が乗っているかな?

そこまで確認できたら、さあ、動き出しますよ。

両サイドのブレーキをはずして押してください。

でも、その時は、どちらかの手が車椅子に掛かっているようにしてくださいね。

万一、ブレーキが掛かっていない状態で動き出したら大変!

それから、常に声を掛けることも大切だよ。

動きます、止まります、曲がります、など。

当然ながら、急にスピードを出したり、急に止まったりしたらダメだよ。 

もう一つ、とても大事なことだけど、上り坂の時は、前向きにのぼっていいよ。

でも、身体を少し前傾してしっかり押してね。

逆に、下り坂の時は、後ろ向きにゆっくり下りてね。

「坂道を下るとき介助者の方は、車いすを後ろ向きでゆっくり確認しながら走行しましょう」。

これ、とても大事だよ。

なだらかな坂なら、どちらでもいいけれど、前に引っ張られる感じがする場合は、

後ろ向きの方が安全だよ。

最後に、ティッピングバーを上手く活用してくださいね。

これは、介助者が段差越えをするときなどに、足で踏んで前輪キャスターを持ち上げるものです。 

段差越えが楽にできますよ。

車椅子の初歩的な操作法だけど、覚えておくと、いざの時に役に立つと思うんだ。

簡単ながら、ペッパーからのお願いでした。

 

 

ページの一番上に戻る