港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/08/23 12:15

一滴の血液でがん発見?

一滴の血液で即座にがんかどうか診断できるという画期的な検査法を開発したのは、

国立がん研究センター。

8月20日付の主要各紙が報じたこの検査では、初期でもがんの発見が可能で、早期発見、

効果的な治療、医療費の削減へとつながるという意味で朗報ではありますが、まだ実用化には

時間がかかりそうです。

国立がん研究センターでは、まずは乳がんの検査法としての承認を目指しているとか。

従来の腫瘍マーカーは、ある程度進行したケースでがん細胞が死ぬときに出るタンパク質

を検出するのに対し、新発見の検査法ではがんにある2~10種類の特有のマイクロRNA

(DNAに似たリボ核酸)の分泌量を調べるのが特徴。

この方法だと初期でも発見が可能だそうです。

「人工知能(AI)を分泌量の分析に利用すれば、検査の精度をさらに高められる

可能性がある」(8月20日付毎日新聞)とのことで、今後の進展に期待しましょう。

 

ページの一番上に戻る