港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/08/11 17:20

「世界最低レベル」のレッテルって何ですか?

日本の受動喫煙防止策は、「世界最低レベル」だそうです。

拒否したくても、知らず知らずのうちに他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙

厚生労働省研究班の推計によると、受動喫煙で命を失う人は年間約1万5千人に

のぼるということです。

「世界最低レベル」とのレッテルを貼られて、黙っているわけにはいかないと、日本医師会、

歯科医師会、薬剤師会、看護協会の4師会が集めた署名は約264万人に上りましたが、

日本が「タバコ天国」であることに変わりはありません。

でも、3年後の東京オリンピック・パラリンピックの開催の条件として、国際オリンピック

委員会は世界保健機関と共同で「たばこのないオリンピック」を掲げており、

公共の場での対策強化は必須なのです。

「たばこの害はもはや科学的に疑う余地がない」という共通認識がさらに浸透する事を

期待しましょう。

たばことの因果関係が確実とされている病気は、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、高血圧、

呼吸器疾患、歯周病、さまざまな部位のがんなどがあることをお忘れなく。

また、健康を害することで、医療費や健康管理費、生産性の低下などの経済的な

損失が出ている現実も見過ごせません。因みに、当館の館内は全面的な禁煙を

実施しています。

 

日本生活習慣病予防協会

http://www.seikatsusyukanbyo.com/monthly/2017/

 

 

ページの一番上に戻る