港区立高輪いきいきプラザ
トップページ > 港区立高輪いきいきプラザ > 港区立高輪いきいきプラザ > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/06/14 15:00

フレイルという言葉を聞いたことがありますか?

フレイルとは、医学用語のFrailty(フレイリティ)から派生し、「虚弱」や「老衰」という意味だそうです。

その基準には、おおむね5つの傾向があります。

①年間4、5kgまたは5%以上の体重減少がある

②疲れやすい

③何をするのも面倒だと週に3、4日以上感じる

④歩行速度や握力の低下

⑤身体活動量全体の低下を訴える

通常健康な人は、風邪を引いても一時的な「フレイル」状態から数日で回復しますが、

高齢者に起こりうるこの「フレイル」状態のケースでは、様々な障害が生じやすくなります。

例えば、風邪をこじらせて肺炎になったり、転倒して骨折したり、自らの感情をコントロール

できなくなったり、等々。

最近話題になっている、フレイルと肥満の合併にも気をつけなければなりません。

年齢に伴って、筋力が衰え、肥満の蓄積が増えると、転倒や寝たきりのリスクは

確実に高まります。

そこで、重要なのが「運動」「栄養」「社会的意識」という3つの観点からのアプローチです。

当館では、様々な介護予防プログラムが実践されているだけでなく、老人会や趣味の会、

ボランティア活動など、さまざまな場に意識的に参加できる重要なフレイル対策を行っています。

もし体力も気力も弱ってきたなと感じ始めた人は、ぜひ一度当館にご相談ください。

 

 

「高輪いきいきプラザ」について

高輪いきいきプラザでは、「高齢者のいきがいづくり・学びの場」

「介護予防・健康作りの場」「ふれあいコミュニティ活動の場」という

3つの活動の場として、趣味やスポーツ、学習などを通じて健康で

豊かなひとときを提供しています。

(60歳以上の港区民の方であれば、どなたでもご利用いただけます)

例えば、体力強化のために、自主的に筋力の向上と日常動作の改善を

図る「セルフマシントレーニング」や「筋力アップマシントレーニング」を始め、

ヨガのエクササイズ、ヨガの呼吸法やポーズを中心に、筋力強化に役立つ

「さわやか健康体操」など、豊富なメニューで利用者の体力づくりを

サポートしています。

また、脳トレの観点から、「英語で脳トレ」「カラオケ」「ビリヤード」、また

「おりがみサロン」「塗り絵サロン」「レディースサロン」「囲碁サロン」

「テーブルゲームサロン」なども楽しむことができます。

もちろん、利用者同士の交流の機会も数多くあります。

当館1階の「コミュニティカフェ」では毎月コンサートなどのイベントを開催。

(カフェは一般の方でもご利用いただけます)

高輪いきいきプラザは、これからも、利用者の皆さんが「いきいきとした毎日」

を送られるお手伝いをしていきたい考えです。

 

 

 

ページの一番上に戻る